阿久比町白沢 北原天満宮に晦日詣で

みなさんこんにちは
いつもご覧いただきありがとうございます。
知多市の整体マッサージ ちた快福堂です。

毎月30日は晦日詣でに行きます

北原天満宮1一番近い神社が阿久比町白沢にある北原天満宮です。
菅原道真公ゆかりの筆塚があり、受験合格の神様として
多くの受験生が絵馬を奉納しています。

わたしは昨年11月から毎月30日にこちらへ月の終わりの
無事の感謝を伝えに来ています。
日頃お世話になっているみなさん、一人一人に感謝の意を
表する気持ちで晦日詣でをしています。

慣れないことをするものですから、たまに30日を過ぎても
忘れていることがあり、慌てて遅れて参詣する始末です。

晦日詣でではお願いは一切しません

北原天満宮2みなさん、神社仏閣へ行かれるときは、家内安全、商売繁盛、
恋愛成就、結婚成就、受験合格など様々なお願いをします。

ほとんどの人がお願い事をしますが、わたしは一切しません。
何をするかと言うと、一か月間過ごせたの感謝を伝えに行きます。
一か月間にあった良かったこと、嬉しいこと、喜んだことなど
報告し、感謝の意を伝えます。
ただただじわ~っと感謝の気持ちを心いっぱい、体いっぱいに
溢れさせて幸福感で満たしていきます。

来月もよろしくお願いしますなどとは言いません。

なぜお願いではなくて感謝の気持ちなのか

祈りこれは考え方のひとつなのですが、感謝の気持ちを伝えると、
神様が
「ああ、君はこういう感情をもっと味わいたいのだな?
だったら、もっとそういう気持ちを味わえるようなことを体験
させてあげよう」
と、良い体験をもたらしてくださると考えているからです。

逆に欲しい気持ちは今それが無い、不足状態で、不足を伝えると、
「ああ、そういう気持ちをもっと味わえる体験をしたいんだな」
となるわけです。

「それよりも今こうして勉強ができる環境があって嬉しいです。
前向きに進めている状態で感謝します」
「家族が毎日笑顔で暮らせることがなによりです」
「会社に行って生活ができていることにとても喜びがあります」
など伝えてみてはいかがでしょうか?

幸福感がより増すと思います。
そういう気持ちで取り組むといい結果につながると思いませんか?

白沢北原天満宮とは?

北原天満宮3北原天満宮の社伝によると、殿歴9年(955)旧暦の正月25日、
英比の土豪、菅原雅親公(幼名英比麿)は延喜3年(903)大宰府
で没した祖父菅原道真公を祭神として、英比麿と呼ばれていたころの
住居跡に、神社を建てたと伝えられている。
明治5年(1872)明治政府は、寺社合併の方針を全国の件に布告
したが、北原天満宮は、白沢地内にあった他の5社より2年遅れて、
明治11年(1878)6月白沢字北根の八幡社に移され合祀された。
しかし、天満宮を1日も早く元な場所でお祭りしたいとの願いは、村
民の間にいつまでも残っていた。
昭和8年(1933)現境内の南西側に、本殿跡地であったとの石碑
や筆塚・牛像などを設置し、跡地の保存に努めたのも、その心情の表
れであった。
昭和63年(1988)10月2日、整備拡大された跡地に、現在の
社殿を建立し、遷座の式が挙行された。かねてからの願望がかなえら
れた地域の人たちの喜びと、学問の神を敬慕する心は、境内にある数
数の寄進物などからもうかがい知ることができる。また、植えられて
いる梅の木々の中には、菅原家の後裔、久松家・松平家の子孫で道真
公の側近であった味酒家の子孫の手植えのものもある。 
                      阿久比町教育委員会

これからも忘れず、感謝と喜びと楽しい気持ちを神社の神様を通じて
晦日詣ででみなさんに伝えていきたいと思います。

当院では、施術と痛み、コリのでない姿勢の保持、動作改善、スポーツ、
音楽などの基礎となる身体能力の維持、向上など、日常生活でも簡単で
楽しく動いてからだが気持ち良くなり、自宅で簡単、短くて楽しくできる
「快福トレーニング」を指導しています。

当院には近隣の東海市・阿久比町・半田市・東浦町・常滑市・大府市・武豊町
など知多地域を中心に下記の地域からも多くの方がおみえです。
名古屋市南区・西区・天白区・緑区・港区・熱田区・守山区・昭和区・中川区
・春日井市・豊田市・南知多町・美浜町・刈谷市・碧南市・高浜市・知立市・豊明市

=========================

【知多市東海市の整体マッサージ】ちた快福堂

〒478-0013
知多市南巽が丘2-179

TEL0562-35-0254

巽ヶ丘駅より徒歩8分

「ホームページを見て…」とお電話ください。

=========================

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ