5. 痛みを探す・繰り返す

痛み5みなさんこんにちは
ブログをご覧いただきありがとうございます。
知多市の整体マッサージ ちた快福堂です。

痛くする人の習慣

5. 痛みを探す・繰り返す
  脳が記憶する間違った動作

「痛みがなかなかよくならない」と言う方には共通点があります。
「痛い」と言っていながらも、わざわざ痛い動作を繰り返すのです。
痛みが治まりかけた時にもまた痛みを探してしまうのです。
痛みがが引いているのに、わざわざ痛い動きをして痛みを見つけて、
「ああ、やっぱり痛い」
って、そりゃそうです。自分でわざわざ探し出したんですから。

そういう方は、こうもおっしゃいます。

「ちょっとくらい痛くても動かないと、固まっちゃうと思って」
「これくらいの痛みなら我慢できるし」

何度も繰り返して言いますが、痛みは警報装置です。
体からの「その動きは、正しくないよ」というメッセージなのです。
痛い動作を繰り返したり、痛い場所を探したりすることは、
それを無視することにで、無視し続けると、警報は大きくなります。
これは、できたばかりのかさぶたをはがすのに似ています。

自己治癒力が動き始めている時に無理に痛覚を刺激することで、
脳に最後の記憶として「やっぱり痛い」と脳に残ってしまい、
治りが遅くなってしまいます。

かさぶたは治りかけに痒くなりますが、剥せば血が出てきますし、
何度も繰り返すと膿んで、怪我した時よりひどくなります。
そっとしておかないといけないのです。

それは、みなさんご存知の通りで、四十肩、五十肩で突然、
痛みが腕が上がらなくなった。ぎっくり腰で突然動けなくなった。
確かに、その瞬間は「突然」に感じたかもしれません。

でも、「違和感」や「だるさ」、「疲れ」という形で、
何らかの警報は出ていたはずです。
痛みは、「その動きが正しくない」という体からの警報、
メッセージだということを自分に言い聞かせて下さい。

「痛くない動き」を探してください。
痛くない動きを繰り返していると、
いつの間にか痛かった動きもできるようになるのです。

 すなら、「痛みのない動作」、「痛みのない姿勢」
 「楽な状態」を探してください。「楽」を繰り返していけば
 、いつの間にか痛みがなくなる、これが体の法則です。

◎痛い動作を繰り返さない
「痛い動作や姿勢」ではなく「痛くない動作や姿勢」を探すこと。
「楽を繰り返せば、楽になる」のが体の法則です。

当院では、施術と痛み、コリのでない姿勢、動作改善指導、
スポーツ、音楽などの基礎となる身体能力の維持、向上など、
ご自宅で簡単で楽しくできるトレーニングを指導しています。

当院には近隣の東海市・阿久比町・半田市・東浦町・常滑市・大府市
など知多地域を中心に下記の地域からたくさんの方がおみえです。
 名古屋市南区・西区・天白区・緑区・港区・熱田区・守山区・昭和区・春日井市
・武豊町・豊田市・南知多町・美浜町・刈谷市・碧南市・高浜市・知立市・豊明市

=========================

【知多市東海市の整体マッサージ】ちた快福堂

〒478-0013

知多市南巽が丘2-179

TEL0562-35-0254

巽ヶ丘駅より徒歩8分

「ホームページを見て…」とお電話ください。

=========================

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ