夏のドライブ 70年代の夏歌はこれだ! 1978年サザンオールスターズ「勝手にシンドバッド」

みなさんこんにちは
いつもご覧いただきありがとうございます。
知多市の整体マッサージ ちた快福堂です。

70年代の夏歌! 1978年サザンオールスターズ「勝手にシンドバッド」

勝手にシンドバッド私がサザンオールスターズを初めて目にしたのは1978年に放送されたザ・ベストテンの「今週のスポットライト」というコーナーでした。ライブハウスからの中継でランニングシャツにランニングパンツという格好のげじげじ眉毛の男が汗だくになりながら、久米さん、黒柳さんからの質問に砕けた調子で答えた後、この曲を歌いました。早口で何を歌っているかさっぱりわかりませんでした。

なんでこんなコミックバンドを出演させるんだろうと思いましたが、ぶっ飛んだ衝撃はいまだに覚えています。次の日の朝にはもう学校で話題になっていました。担任の先生まで進んで話題にしてきたほどでした。何月何日の放送だったのか調べてみると、8月31日で夏休み最後の日でした。この日から結構サザンの話題が続きましたが、今とは全く違って、皆、桑田さんを完全なキワモノ扱いにしていました。

おはよう子どもショウで、つボイノリオさんが早口を真似てみるもとても難しいと言っていました。文化祭ののど自慢大会でも陸上部の男子が歌う寸前に学生服を脱いでランニングシャツ、ランニングパンツになってほうきをギターにして「勝手にシンドバッド」をテープに合わせて歌い、大いに受けていました。

「勝手にシンドバッド」と言えば、志村けんさんを思い出します。というのも、8時だよ全員集合で、沢田研二さんの「勝手にしやがれ」とピンクレディーの「渚のシンドバッド」をつぎはぎにつなげて「勝手にシンドバッド」として歌っていたからです。桑田さん自身も曲名由来を、作った当時この2曲が流行っていたからだと語っていました。のちにサザンが8時だよ全員集合に出演したときに「勝手にシンドバッド」を歌い、志村けんさんもつぎはぎの「勝手にシンドバッド」を歌うというシーンを見ました。それ以来サザンは全員集合に数回出演しています。いろいろとコーナーをこなしていたので、もともとお笑いの要素があったのでしょう。

「勝手にシンドバッド」は日本ミュージックシーンの一大転換点を作った

「勝手にシンドバッド」は日本ミュージックシーンの一大転換点を作った曲だと思います。この曲が出るまでの曲の構成は、簡略しして言うと、AメロBメロ、サビで1番2番を歌う形のものが多かったのですが、この曲は、アンセムで始まり、AメロBメロ、サビがあり、その後Cメロも出てきます。早口の部分はいまのラップに当たると考えれば曲構造が、現在作られているヒット曲がこれをしっかりと踏襲していることがわかります。

なので、昔の曲は語彙が少なく、覚えやすいので歌いやすいのですが、今の曲は構成が複雑で語彙も多く、覚えてくいのでついていけず、歌えません。昔の曲の歌詞が俳句だとしたら、現代の曲の歌詞は小説でしょう。そのエポックを作ったのはサザンだと思います。

サザンオールスターズは今もまだ大活躍しているビッグバンドです。歌詞のおいても、メロディーにおいても桑田さんは天才アーティストだと言えます。

当院では、施術と痛み、コリのでない姿勢の保持、動作改善、スポーツ、
音楽などの基礎となる身体能力の維持、向上など、日常生活でも簡単で
楽しく動いてからだが気持ち良くなり、自宅で簡単、短くて楽しくできる
「快福トレーニング」を指導しています。

当院には近隣の東海市・阿久比町・半田市・東浦町・常滑市・大府市・武豊町
など知多地域を中心に下記の地域からも多くの方がおみえです。
名古屋市南区・西区・天白区・緑区・港区・熱田区・守山区・昭和区・中川区
・春日井市・豊田市・南知多町・美浜町・刈谷市・碧南市・高浜市・知立市・豊明市

=========================

【知多市東海市の整体マッサージ】ちた快福堂

〒478-0013
知多市南巽が丘2-179

TEL0562-35-0254

巽ヶ丘駅より徒歩8分

「ホームページを見て…」とお電話ください。

<営業時間>
(月~土曜) 9:00~20:00
<定休日> (日曜・祝日)

フェイスブックページ→https://www.facebook.com/chitakaifuku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_6008498/

過去のブログ一覧→http://chitakaifuku.com/blog/

=========================

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ