7. 力む 脱力のススメ。よい姿勢が悪い姿勢?

力むみなさんこんにちは
ブログをご覧いただきありがとうございます。
知多市の整体マッサージ ちた快福堂です。

痛い人の習慣
7. 力む
  脱力のススメ。よい姿勢が悪い姿勢?

「よい姿勢」「悪い姿勢」と聞き、どんなイメージを持ちますか?
「悪い姿勢」はねこ背で、「よい姿勢」は胸を張った姿勢…… 
そんなイメージをお持ちだからこそ、ねこ背のお子さんに
「ほら、胸を張って! 背を筋を伸ばして!」と叱ったり、
注意したことありませんか?
ゲーム中の姿勢など、カラダが丸まった状態が長く続くのは、
内蔵や筋肉にとってよくありません。ゲームや勉強の姿勢が
原因で頭痛や腰痛、肩こりになる子どもも急増しています。

だからといって、「ぴんと背筋を伸ばしなさい!」と言って、
ずーっと胸を張っていたら、今度は緊張が強くなってしまいます。
胸を張ろうと反り過ぎて、反り腰になっている若い人もいます。

よい姿勢とは無理に胸を張る姿勢や腰を反る姿勢ではありません。
カラダが重力に対し、最も安定して力を使わない姿勢のことです。

「姿勢を正しなさい」ではなく、「骨盤を立てる」ことです。
ゲームやテレビ、勉強などで丸まっているお子さんの場合、
坐骨を立てるだけでも十分効果はあります。
何はなくても坐骨を立てことをこまめにやらせてあげましょう。

それができたら、坐骨を立てた状態(アゴが上がらないよう)で
「鼻から天井に抜けるように、大きく息を吸い込んで」ください。
思いきり息を吸い込んで猫背になっているお子さんはいません。
呼吸する筋肉(吸う筋肉)と姿勢を維持する筋肉はほぼ同じです。
呼吸の練習をすることで姿勢がよくなります。
この姿勢を覚えたら、その状態を維持しながら、脱力しながら
ゆっくり息を吐ききるようにしてください。
大切なことは長時間その姿勢がキープできなくもいいことです。

猫背が続いたら、またやる。こまめにやる。朝起きたらやる。
ご飯を食べる時にやる。宿題の前にやる。宿題の途中でやる。
長時間キープするより、こまめにやる方が数倍効果があります。
キープしようとするのは、辛くて緊張を強いることになります。

現在の生活状況の中では、知らず知らずのうちに力が抜けなく
なってしまっている子どもも大人もとても多いです。

■ あなたの力み度チェック 
□上の奥歯と下の奥歯が、普段から触れている
□筆圧が強い
□自分では、力を抜いているつもりなのに「力を抜いて」と言われる。
□壊れるかと思うほど、キーボードを叩いてしまう。
□頭痛、腱鞘炎になりやすい。
□朝、スッキリ起きられず、疲れも取れない。

一つでもあてはまっていれば、自分が力を抜いているつもりでも、
実際はカラダから力が抜けていない可能性があります。

奥歯と奥歯は、正常な状態は、離れている状態です。
かみ合っている状態(夫ら合っているだけでも)は、
「かみしめ」「くいしばり」「顎関節の症状」がある状態です。
そんな状態だと首や頭の緊張が強くなり、肩こりや頭痛だけでなく、
不眠や目眩など自律神経のバランスも崩していることがあります。
胸張り、背筋伸ばしの指示は、噛み締めを起す原因にもなります。

◎なぜ、力が抜けなくなってしまうのか?
一番の問題点は頭にあります。私たちには、二十四時間ずっと等しく
「重力」ちという力がかかっています。二本の足で立って生活をする
ようになった宿命です。座っても頭を支えて生活せねばなりません。

頭の重さはどれくらいあるかご存知ですか?
何と、ボウリングの玉くらいの重さがあるのです。
常にボウリングの玉を支えて歩いたり座ったりしているわけです。
首を前に出して立っていると、首や背中に力を入れていないと、
支えられなくなります。
前に出なくなると、正しい位置で骨格の上に乗るようになり、
最小限の力で支えられているのです。

なぜ力が抜けなくなってしまうのか? 
重力に逆らって、知らないうちに力を入れ続けているからです。
力を入れていないつもりでも力が入ってしまう状態になります。
その継続で脳がその状態を覚えてしまい、寝ても休んでも力が
入った状態がキープされてしまいます。それが「力み」の原因です。
「脱力」「力を抜く」というと「だら~」とすると勘違いしますが、
そうではありません。
「だら~」という状態は「力を抜かず、気が抜けている」状態です。
「気を入れて、力を抜く」のが正解です。

一番簡単な「力を抜く」練習は、奥歯を触れ合わないように、
辛く無い範囲で最後までゆっくりと息を吐ききりましょう。
「くいしばらない」「息を吐く」これが脱力の第一歩です。
「自分では力を抜いているつもり」なだけにコツを掴むむまでは、
とてもわかりにくくむずかしいと感じますが、練習をすれば、
絶対誰にでもできるようになります。

筋トレの逆だと思ってください。筋肉はトレーニングをすれば、
必ず強くなります。脱力も練習で力が抜けるようになります。
また、自分がどの段階なのかを自覚していることも大切です。

①力を入れているのが「自分では分からない」
②力を入れているのが「わかるけど力が抜けていない」
③気づけば抜けるけど、知らないうちにまた力が入ってしまう

スポーツや趣味と同じで、うまくいかずにじれる時もありますが、
それでも無理のない範囲で続ければ、必ず上達します。
なぜなら、もともと子どもの頃は、自然にできていたことですから。
その頃の自然な状態を、脳に思い出させてあげることです。

当院では、施術と痛み、コリのでない姿勢、動作改善指導、
スポーツ、音楽などの基礎となる身体能力の維持、向上など、
ご自宅で簡単で楽しくできるトレーニングを指導しています。

当院には近隣の東海市・阿久比町・半田市・東浦町・常滑市・大府市
など知多地域を中心に下記の地域からたくさんの方がおみえです。
 名古屋市南区・西区・天白区・緑区・港区・熱田区・守山区・昭和区・春日井市
・武豊町・豊田市・南知多町・美浜町・刈谷市・碧南市・高浜市・知立市・豊明市

=========================

【知多市東海市の整体マッサージ】ちた快福堂

〒478-0013

知多市南巽が丘2-179

TEL0562-35-0254

巽ヶ丘駅より徒歩8分

「ホームページを見て…」とお電話ください。

=========================

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ