自律神経失調症

自律神経大

自律神経失調症は、自身でコントロールできない自律神経の
バランスが乱れ、からだに不調をきたす症状です。
首が痛い、頭痛がする、からだが強張る、なんとなくだるい、
風邪っぽいなどさまざまな症状があります。

あまりにつらい場合は必ず専門家の診療を受けてください。

自律神経失調症とうつ病の違いは、
自律神経失調症は「心の不調でからだに起きる症状」、
うつ病は「脳内神経伝達物質の分泌の異常」が原因で
起きる症状とされています。
しかし、どちらもストレスが原因となってもたらされるものです。

自律神経失調症と言われ、
心療科に通院しているけれど症状が改善せず苦しんでいる方。
周りからはそんな辛さが理解されず、
怠けていると思われているのではと思い悩む日々を
送っていらっしゃる方も多いです。
その焦りや不安な気持ちが、余計ストレスとなり回復の妨げとなります。

当院の自律神経失調症の所見と施術方針を書きます。

 

【からだを緩めれば気持ちもホッと緩みます】

・からだのゆがみや痛みなど身体的ストレス。
・職場や家庭など人間関係における精神ストレス。
・天候や季節、地域性などの変化における環境ストレス。
・食品や薬品、公害などが及ぼす化学ストレス。

自律神経中

自律神経に及ぼすストレス要因はさまざまです。

当院では、からだとこころにやさしい施術をします。
歪みや痛みも、自律神経に対するストレス要因です。

直接自律神経に働きかける意図は持ちませんが、
からだを緩めゆがみを取ることで、緊張しすぎの
自律神経も交感神経優位から、副交感神経優位に
なり、副次的に精神も安らぐと考えています。

 

【自律神経失調症にはこんな治療施術をしています】

押さない、揉まない、叩かない、やさしい手技で、
からだのゆがみを取り、筋肉の不要な緊張をほぐしていきます。
気の流れ、新陳代謝、リンパの流れや血行がよくなり
自然治癒力も上がり、老廃物の排出が促進されます。

寝つきがよくなり、疲れが取れるので、
気持ちに余裕が生まれ、精神的にも楽になる部分が出てきます。

肩こりや腰痛がある場合はそれ自体がストレスですので、
そうした症状も解消されれば相乗効果が出ます。
体が軽やかに動かせるようになると、自律神経も正常に働き、
からだの不調が減少していきます。

自律神経小

繰り返し施術することで、立ち方座り方を変え、
正しく楽な姿勢、骨格をつくり、ストレスに
強いからだにしていきます。

より柔軟、快適なからだが維持向上できるよう、
簡単、短い、楽しい、気持すっきり、軽やかな、
快福トレーニングもしていただいています。

 

お気軽にご相談ください。

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ